生かされること 生きること 16(自分史)

17 生きる力 ⑤

 体調も安定していく中、校内における授業研究等に力を注いだ。若い職員が多い職場だったので、35歳を過ぎる頃には、リーダー的な役割をになうようにもなった。その頃は大きな教育の転換期にもあり、公開研究会を開催し、200名以上の教員が集まった。他校へ行って、実践を発表したり教育書に執筆したりするような機会も随分あった。

 ディベートの実践との出会いも大きく、この取組を通して、多くの方と出会い、たくさんの刺激を受けた。
 今もこの実践そのものが、さらにこの実践を通して学んだものの見方・考え方が人生を土台となっていると言っても過言ではない。

 「ディベートをやってみたい」という生徒を募って、この頃に始まった「ディベート甲子園」に出場。5年連続して全国大会に出場することができた。

 そのような中、平成14年4月、一度は断念した北海道教育委員会の指導主事となった。ここから、10年、学校現場を離れた教育行政としての仕事に従事した。

 また、ここから家族と離れ、単身赴任生活となった。

 

最近のお気に入りはこれです。かっこいい。

 

 

この本から、学んだことを生かして、1時間くらいのキャリア教育プログラムをやってみようと思うんだ。

生徒をイキイキさせたいね。

 

 

 

生かされること 生きること 15(自分史)

 

 

16 命⑫~潰瘍性大腸炎 7

 内服での治療についても回復の目途が立たず、外科的にという話になっていった。
「Jポーチ」を作るということ。大腸を全摘して、小腸で袋と管を作って直腸とつなぐということ。しかし、今、入院中の病院ではまだやったことがないと聞き、不安になった。

 このようなことから、大学病院を紹介してもらった。

 大学病院へ転院。

 なかなか大学病院を受診することが難しい中、スムーズに移ることができた。

手術は、2回。1回目は袋を作るオペ。時間は7時間に及んだ。僕は寝ているうちに終わった感じ。癒着防止のために、目覚めて間もなく、妻の方を借りて立ち上がった。大腸がなくなるということに対して、大きな恐怖とかなりの不安があったが、終わってしまえば、ただそれだけのこと。

 そして、3か月後に直腸とつなぐ。その間は、所謂、人口肛門生活だった。この手術をもって、苦しんできた「潰瘍性大腸炎」との生活にもさよならだった。
しかし、つないで1週間後、猛烈な腹痛。

 癒着して、詰まった状態なった。
 即、入院。鼻から管を通すようなことをして、改善を促すような治療をしたものの、状態はよくならず、再度、お腹を開くことになる。

 術後、主治医2人の会話。「見事な切りっぷり。さすが、アメリカ帰り。これからは詰まらないように、管は2本にしておいたから」と。大腸を全摘するということも、若い医師にとってはこれくらいのことなのだろう。逆に、この明るさが心に響いた。

この後も少しの間、癒着気味になって、腹痛になることもあったが、大事とはならず、今に至る。
 常に便が緩いので排便回数が多かったり、寝ているときに失敗してしまうことあったりするが、あの痛み、さらには血を見ることの精神的な苦痛から解放されたことを考えるとメリットの方がかなり大きい。

 また、人前に立つことの多い職業だが、人の目には上咽頭腫瘍を含め、分からないのも幸いだった。

 

 

 

 

 

生かされること 生きること 14(自分史)

15 命⑪~潰瘍性大腸炎 6

 喉は回復していき、仕事も順調で、平成10年の1月には次のステップとして、北海道教育委員会へ入る試験を受けたりもした。
 しかし、いつものように雪の降るころから、お腹がグズグズ言い出し、出血、下痢という状況になっていた。年が明けて、1月上旬、その試験を受ける頃にはかなりの腹痛もあった。それでも楽観的に考えて、春になって、やんちゃな彼らも卒業し、暖かくなれば回復するだろうという感じで考えていた。

 ところが、日に日に体調は悪くなるばかりで、とんでもなくお腹は痛み、食べれば下痢、大量の出血、僕は這うようにして病院に行った。

「大腸が削れて薄くなっていて、破裂するよ」と言われ、そのまま入院。3日後には、大きな総合病院に転院した。

 その頃の3年生の担任の業務としては、入試にかかわり個人調査書、所謂、内申書の作成。事務的に転記する部分は副担任の先生にお願した。ただ、所見については担任しか書けないので、病院のベットで必死に書いたことを覚えている。

  

 それから2か月、内服での治療、さらには、記憶が定かではないが「白血球除去治療」、保険外の治療もしたが、一向によくならなかった。

 

ライブを楽しみにしているが、
開催されるのか不安!

THE GREATEST HITS

 

最近のおやつはこれなんです。

東ハト キャラメルコーン 23g ×24袋

 

読み返しています。

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰

生かされること 生きること 13(自分史)

14 命⑩~上咽頭腫瘍 6

 平成8年3月に職場に戻る。

 後遺症的なものは、「唾がでないこと」。話しにくかったり、虫歯になりやすかったり。「首が晴れたこと」。風邪などをひくと、首が腫れた。パンパンに腫れて、皮膚が破れてしまうほどの時もあった。

 

 体より、気持ちが早く回復していって、仕事に没頭していった。学校はますます荒れていった。そのような中にあって、研究会で授業を公開したり、研修会でお話しさせていただいたり、仕事としては充実期を迎えていた。

 

 平成9年4月から3年生の担任となった。喫煙、飲酒、暴力、器物破損等の指導に追われた。こんなエピソードがある。

 Nは喫煙などの問題行動などがあった生徒だった。

しかしながら、柔道には一所懸命で私立高校からのスカウトもあった。条件は、学校推薦が必要とのこと。

学校推薦会議にかけるも多くの先生の反対。もちろんそうだろう。

家庭訪問、保護者にその旨を話す。父親が、「どうしたらいい」と。「だめなのは理解できるが、この子の唯一頑張ってきたことなので応援してほしい」と。
担任として、再度、会議に提案、「可能性にかけたい」と自分の情熱で押し切った。
1年後退学。

 ある月曜日の朝。

 「昨日、Nが先生を尋ねて来てたよ」と。その日曜日は部活もなく、勤務していなかった。
 数時間後、Nの友人の保護者から電話。
 「Nが死んだ」と。
 学校に寄った後、乗っていた原付で転倒。用水路に落ちて、気を失い、そして、溺死。
 Nは最後に何を話したかったのか?

 

 そんな時代だった。

 

生かされること 生きること 12(自分史)

13 命⑨~上咽頭腫瘍 5

 それから、2月一杯自宅療養した。

 痛み止めだったモルヒネの減量がうまくいかず、辛い時期もあったが徐々に体力も回復していった。

 2月上旬、ニュースは豊浜トンネル崩落事故の様子を流していた。
 幼稚園から帰ってきて長男は、いつもテレビゲーム「ドンキーコング」を。

 

 入院中見ていたテレビドラマは、「白線流し」。この主題歌スピッツの「空も飛べるはず」を聞くとこの頃を思い出す。ドラマの初回、主人公たちがミスターチルドレンのコンサート帰りのシーンから始まる。これが入院前の夏に友人と行った「スタジアムツアー」だった。

「シーソーゲーム」という曲が思い出だなあ。

www.youtube.com

入院中、テレビ放送があって見てた記憶が……。

www.amazon.co.jp

生かされること 生きること 11(自分史)

11 命⑦~上咽頭腫瘍 3

 放射線をかけ続けるという治療については、強烈に辛いということはなく、淡々と回数を消化していた。

 だから、命をもっていかれるというような感じは全くなかった。

 きつかったのは周囲の人たちの負担や心配を感じる時だった。

 お見舞い来てくれた、中学校時代の担任先生が話しているうちに涙ぐまれて、逆に僕が掛けることが思いつかず困ってしまった。

 その頃、札幌の中央市場に勤めていた父は勤務が午前中に終わると、ほぼ毎日、病院顔をだしてくれた。ただ、毎日、会ってみても、昨日から今日で大して改善されることもなく、病院の中で起こるエピソードもしれているので、話すこともない。

毎日通ってくれる父の思いが十分に感じられ、心配かけている自分が切ない思いであった。

 妻は、生まれて半年の次男を抱いて、左手に長女と手をつなぎ、そして、長男と病院に来た。

 後から、聞いた話だが、命の確率は、6割4割と言われていたらしいので、どんなにか辛い思いをしていたことだろう。

 

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

生かされること 生きること 10(自分史)

10 命⑥~上咽頭腫瘍 2

 告知から、約1か月後、北海度大学病院への入院。その頃には、首のリンパ節がパンパンに腫れてうまく呼吸ができない状況だった。入院した時には、腫瘍というより、窒息していまうことを心配されたくらいだった。

 

www.youtube.com

 治療の主たるものは、放射線。入院期間は約4か月。その頃は、絶食しての治療だった。潰瘍性大腸炎の時と同様、鎖骨からのIVH。顔に照射するためのマスクを作った。

 

 治療は順調で、最初の数回の照射でみるみる、首の腫れは引いていった。主治医の先生もよくなっていると話してくれたし、何より自分自身が楽になってるという実感があった。

 主治医は、丁寧で誠実に対応してくれたし、同じ年齢ということもあり、信頼できた。

「定年まで、60歳まで働けますか?」と聞いたところ、

「大丈夫、そのために治療するから」と言い切ってくれた。

 

岡本真夜 20th Anniversary ALL TIME BEST~みんなの頑張るを応援する~