何のために勉強するの?

というわけで、「学習指導要領」を読み進めてみました。

学校の教科の目標は次の3つの柱で整理されているようです。

育成を目指す資質・能力の明確化という観点から、全ての教科等の目標及び内容が

「知識及び技能」、

「思考力、判断力、表現力等」、

「学びに向かう力、人間性等」の三つ。

そして、学校教育の目標である「生きる力」は次のように具体化されているんですね。
ア「何を理解しているか、何ができるか」

イ「理解していることを・できることをどう使うか」

ウ「どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか」

 

こんなことを根拠に考えてみると、
「お母さん、何のために勉強するの?」とお子さんに聞かれたら、
「生きるための力を培うためだよ」と答えていいのではないかな?

 

さらに、詳しく読んで、

ウに関わって、まとめると、

「よりよい人生を送るか」については、

〇自分の思考や行動を客観的に把握し認識する、いわゆる「メタ認知」に関わる力

・社会や生活の中で生徒が様々な困難に直面する可能性を低くしたり、直面した困難への対処方法を見いだしたりできるようにすることにつながる重要な力。

・多様性を尊重する態度や互いのよさを生かして協働する力

・持続可能な社会づくりに向けた態度

・リーダーシップやチームワーク

・感性、優しさや思いやりなどの人間性
ということ。

このようなことから、「生きる力を身に付けるための勉強とは?」

これからの人生における、様々な課題、問題を回避、解決するための勉強。

知識や技能を身に付け、それを上手に使って自分の「正解」「納得解」を導く能力。

さらには、問題や課題等から逃げない、態度や姿勢。

それらをより客観的に自分を見つめながら、実行できる力を身に付けること。

中学生に「何のために勉強してるの?」と質問した時、

「『生きる力』を付けるためですよ」

と答える子供たちだったら、何だかたくましいね。

 

中学校学習指導要領(平成29年告示)

中学校学習指導要領(平成29年告示)

 

 

なぜ、勉強するの?

大学の共通テストを見てました。これまでの傾向は分からないけれど、これがマークシート方式ながらも、思考力・判断力・表現力等、理解していること・できることをどう使うかレベルで問う問題なんだろうと眺めていました。

公立中学校における学習指導要領を眺めて見ると、興味深い記述があったので紹介しますね。
総則解説1頁、8行目から引用、

「変化の一つとして、人工知能(AI)の飛躍的な進化を挙げることができる。人工知能が自ら知識を概念的に理解し、思考しているとも言われ、雇用の在り方や学校において獲得する知識の意味にも大きな変化をもたらすのではないかとの予測も示されている。このことは同時に、人工知能がどれだけ進化し思考できるようになったとしても、その思考に目的を与えたり、目的のよさ・正しさ・美しさを判断したりできるのは人間の大きな強みであるということ」とある。

 

中学校では、人が人として、AIにはできない資質・能力の育成を行う必要があると明言していると読める。

こんなことを考えていると、「今の中学生って、彼ら自身は何を目的で勉強しているんだろう」って、そんなことを思いました。
また、そのことを保護者の皆様は、お子さんにどのように話しているのかと気になりました。

今日はこの辺で~ではでは。

 

お夜食の定番!
受験生の皆さん、体調を整え、しっかり実力を発揮してくださいね。

 

日清食品 カップヌードル 78gx20個

日清食品 カップヌードル 78gx20個

  • メディア: 食品&飲料
 

 

多くの病気を経験したものとしての使命

潰瘍性大腸炎や上咽頭癌、中咽頭癌、その度に多くの人に見舞っていただき励みをもらった。25年前の上咽頭癌の時は、中学校の時の担任の先生がお見舞いに来てくれて、「頑張りなさい」と言いながら、先生が泣き出しちゃってね、僕の方が掛ける言葉に困ったくらい。親身に親身に心配してくれた。ありがたいなあと心から思ったよ。
アンジャシュのワタベみたいな人もいて、さらには、そのことをお笑いネタにする人もいて、潰瘍性大腸炎の激痛の中、トイレを探し駆け込んだものとしては、何とも悲しいことだ。
でもね、これもしゃーないことで、経験のない人に分からない痛みで辛さで、悲しみなんだよなあ。未経験者には、よっぽど意識して分かろうとしないと分からないことなのだと思うから、「まあ。いっか!しゃーない」レベル。
ただ、自分を省みて、また、少し視野が広がった時、恥ずかしいと思ったのは、何となく自身が「不幸ぶってたこと」だね。これもどうしたって、自分の病気が一番だから、「しゃーない」けど、……見た姿も普通、それなりに食べれるし、話せるし、仕事もしてるし、収入もそれなりだし、そんな状態で悲しんでいる場合じゃないってこと。人との比較ではないけど、まだまだ苦しんでいる人、闘っている人はいる。

これからは、経験者として同じ経験して方の励みなりたいね。いろいろやったけど結構やれてるよって感じ!

あとはね、健康な人にはね、病気をした僕でもこんな感じだからさ、健康なあなたはまだまだやれるよって励ます感じかな!

今日はこの辺で~ではでは
#ハチミツシャンプー
#さっきまでトレンド

 

 

 

夢中であるということ

テレビの電源が入らない、故障して、これも幸いなことで、今までより長く読書したり、久しぶりにアマゾンプライムで映画を見たり。

昨日、見た映画は、「愛唄~約束のナクヒト」、GReeeeNの楽曲の映画化らしく、横浜流星さんが主演だった。

ギターを抱えながら、眺める感じで見ていて、特別、何かということはなかったが、「夢中」という言葉、多々出てきて、「生きることは『夢中』になること」みたいな感じ。

ここ最近、「夢中」って言葉を大切しているので、尚更、印象に残ったのかも。
本を読んでいて巡り会ったフレーズ。
「夢中の先に成功がある」とか、「夢中は努力に勝る」とか。
今、夢中になれることがある、夢中に何かやっているということは、とっても幸福なことであると思うようになった。

 

そうそう、数年前に出版した書籍、「小学生の子供たちのひと夏の友情物語」があって、出版社がその帯に書いてくれたフレーズを思い出した。

「無我夢中の意味を知った夏」

今日はこの辺で~ではでは!

 

 

愛唄 ―約束のナクヒト―

愛唄 ―約束のナクヒト―

  • 発売日: 2019/07/02
  • メディア: Prime Video
 

 

人生万歳 幸せな人生の話

3年くらい前の出来事。ふと、思い出したので、書いておこうと思った。


叔父のお通夜に参列、御参りした時のこと。
叔父は、あと、1週間で100歳を迎えるという時、亡くなった。
周囲は方々は、口々に「100歳まで生きてほしかった」と。

叔母は、当時、98歳。車椅子だった。

一連の儀式が終わって、最後という時に、ぜひ、叔母が挨拶、お礼を言いたいとのこと。
いとこに車椅子を押され、マイクの前に。

そして、

「おとうさんのお陰で子供たちに、孫に囲まれ、本当に幸せで楽しい人生、

お父さん、ありがとう、『人生万歳』」と。
大きく万歳のポーズ。

その姿がとっても大きく見えて、幸せ感一杯で……。
何だろう?
何の涙か、分からないような涙が溢れた。みんな泣いていた。

叔母は、100歳を超え、元気です。
「人生万歳」

定期便で届く!定期便は便利だね~

 

 

 

 

お金を儲けること

Twitterを通して、多くの皆様に出会い、勉強させていただいています。
皆様の生き方や考え方に触れ、自己啓発。さらに自分の今、やりたいことに夢中になれて、とっても良い感じですね。
とりわけ、先週から始めてみた「30秒の歌」
術後の後遺症ため、上手に発音できない、長く歌えない……けれど、術前のように曲を作って歌いたい、自分の思いを伝えたいと始めてみた。
うれしいことに、TwitterやFb上で励ましがあり、続けて頑張ってみようと考えているところ。
ブログについても、自分の思いやこれまでの職業上のキャリア生かした発信を思い、ここを含め3つを運営、まさに心のままにやりたいことをやっている。

そんな中、これらのブログを読んだ方から、連絡。
「情熱は感じるものの、これでは儲かりませよね」と。

皆さんの書かれているブログを見ると、「なるほど」と思えるものも多く、自分のブログの拙さを感じる。

もちろん、何かをやって、儲かるのはいいし、当然、お金持ちになれたらうれしい。でも、お金を儲けるために、夢中なこと変更することまではできない。
「夢中の先に成功があり、気が付いたらお金もついてきた」みたいな感じが理想。
お金儲けの観点から言えば、きっと「甘い」と言われて当然の考え、また、上手にお金儲けできない、そのことに手を出せない「負け犬の遠吠え」と言われても仕方のない、自分なりの戯言。

夢中になれるものがあって、それをやる時間もあって、そのことをうれしく感じながら、生きていかなきゃね。

今日はこの辺で~ではでは。

 

 

ゆほびかGOLD 2021年2月号 [雑誌]

ゆほびかGOLD 2021年2月号 [雑誌]

 

 

あなたを丸ごと理解したい

「あれが足りないから、これをしろ」、「こんなところがダメだから、早く直せ」と言って、人が動いてくれるなら、そんな簡単なことはないという話。
「指示や命令だけで、人は動かない」よね。
と、分かっているのに作業マニュアルや本社からの指令などを根拠にあれこれ言う人がやっぱりいるんだよね。

 

僕は、「やれること、やれないこと、さらには、やれる時、やれない時があって、人間。一人一人がそうであっても、組織としてプラスマイナス0ゼロでいいじゃん」、「互いを理解し、認め合うことで、成果が上がる」と考えるようにしている。


もちろん、欠点を理解し、その克服に努めることは大切なこと。でも、欠点が(欠点のレベルにもよるが、他者に多大な迷惑をかけているような欠点は大至急改善してほしいが…)個人のデメリットレベルことであれば、大したことではなく、そのことができないコンプレックスを抱えるくらいなら、「できなくていい」と開き直っていいのでは……と、欠点を理解してあげたいと思う。
それよりも、大切なのは、その人のよさで、欠点を補い余り得るくらいの個性を発揮してくれれば、会社としてうれしい。

だから、自己肯定感低めの職員には、自分のよさに気付くよう促してあげたいし、よさをう~んと評価してあげて、超褒めてあげたい。
例えば、アイドルグループのメンバーはそのグループに入れる個性、良さをもっていて、そのことで成功しているということ。それぞれのメンバーにそれなりの短所があるでしょうが、やっぱりアイドルとして、多くのファンがいて、支持されているということ。

 

「ダメ出し」ばかりじゃ、何も動かないということでした。
では、この辺で~ではでは。

 

寒くて寒くて、温かいものでも食べたいね。